イベントで芸能人を依頼 した場合【事前のキャスティングが重要】

プロに依頼するなら

ステージ

メリットが多いです

何かしらのオーディションに応募する際には、履歴書の他にも写真を用意しなければいけないケースが多いです。その際に、うまく撮影できているのかどうかで、オーディションの合否が決まるといっても差し支えがありません。少なくともその人の魅力がわかるような写真が用意できれば、書類選考で落とされてしまう確率は格段に減らせるでしょう。そこでオーディション用の写真の撮影をする際のコツを、頭に入れておきたいものです。まず、友人や両親などに、オーディション用の写真を撮ってもらう人もいます。料金が安くすむといったメリットはありますが、可能であれば、やはりプロに任せる方が無難です。なぜなら、きちんとしたスタジオで照明を使い、プロに髪の毛やメイクをしてもらうことができるからです。おかげでより美しく撮ってもらうことができますから、素人が適当にやったものよりもはるかに見る人に良い印象を与えられます。加えて、どのようなオーディションを受けるのかを伝えておくと、ポージングや笑顔の作り方をアドバイスしてもらえることがあるのです。そしてたいていの場合は、プロにお願いすると、レタッチというものをしてもらえます。これは写真に修正を加えることを指しています。具体的には、シミやシワ、ホクロを消します。ただし、人気のカメラマンはすぐに予約が一杯になってしまいます。そのため、オーディションを受けることが決まったら、なるべく早く行動に移すようにしておきましょう。

Copyright© 2018 イベントで芸能人を依頼 した場合【事前のキャスティングが重要】 All Rights Reserved.