イベントで芸能人を依頼 した場合【事前のキャスティングが重要】

ステージ

プロに依頼するなら

オーディション用の写真を撮影するなら、プロに任せておきましょう。ポージングや笑顔の作り方のアドバイスをもらえますし、髪の毛やメイクもやってくれる場合が多いです。他にもレタッチをお願いできるなどメリットが多いです。

女性

情報源を確認しよう

芸能人になるためには、オーディションへの参加が一番の近道です。募集は芸能事務所のホームページだったり、雑誌だったりというように様々なところで告知されています。ただし、信頼性のある情報かどうか、きちんと確認してから応募しましょう。

スタジオ

素人でもイベント主催者

イベントに有名な芸能人の出演を依頼すると、一気に盛り上がるので主催者側としては助かります。まずは所属事務所に連絡して出演依頼をし、スケジュールがあえば次にはギャラの相談といったところです。出演料や交通費といった金額に関することも含めたことを書面にし、確りと契約を結ぶことが重要になります。

キャスティング

何を用意するのか

オーディション用の写真を用意したいですが、お金に余裕がないなら自分で撮影しても構いません。全身とバストアップの写真を撮っておきましょう。他にも履歴書が必要で、特技や趣味の欄は必ず埋めたいです。後は送料が不足しないように気をつければ良いです。

スタジオ

一番の近道と言える

オーディションが人気なのは、合格すると芸能人としてデビューできることが多いからです。芸能界に入るための一番の近道と言えるでしょう。募集はインターネットや雑誌など、様々なところで行われているので応募してみましょう。

イベントに有名人を呼ぶ

フィルム

呼ぶためには

イベントなどで芸能人など有名人を呼びたい場合には、キャスティング会社や芸能人プロダクションに依頼することになります。芸能人などの有名人の場合には事務所に所属していたり、フリーで活動していたりしており、直接本人に依頼するといったこともありますが出演料を明確にするために直接依頼したとしても事務所を通して行われるのが一般的です。芸能人を呼ぶためには事前のキャスティングが重要です。例えば司会者として呼びたい場合には、司会に長けた芸能人を呼ぶ必要がありますし、メインの講演会をしてもらうためには、事前にどのような講演を行うのか打ち合わせをするといったことを行わなければいけません。また芸能人のスケジュールによっては都合が悪い時もありますから、依頼する場合には余裕をもって行う必要があります。芸能人を呼ぶこと自体はスケジュールと出演料さえ折り合いが付けば難しいものではありません。依頼する流れとしては希望する芸能人が所属する事務所などに問い合わせをします。イベントの内容によっては断られることもありますが、可能であれば調整や交渉が行われます。事務所側からイベントに対する提案も行われることもあり、それらに納得すれば契約をして料金を支払います。基本的に前払いのところがほとんどで、当日になると希望した芸能人がやってきてくれます。ただ芸能人を呼ぶ場合には案内を付ける必要があるなど、ただ呼べば良いというものではなくどのタイミングで出てもらうかといった世話役が必要になります。

Copyright© 2018 イベントで芸能人を依頼 した場合【事前のキャスティングが重要】 All Rights Reserved.